• PSYCHO DAZE BASS レーベル激突3 ~MASAKI VS IKUO~ 開催決定!!
  • ベーシストのアブナイ夜
  • PSYCHO DAZE BASS レーベル激突 ~MASAKI VS IKUO~ ライブレポート
  • 『SYCHO DAZE BASSレーベル激突3

    PSYCHO DAZE BASSレーベル激突3
    ~MASAKI VS IKUO~

    詳細はこちら
  • 『Iベーシストのアブナイ夜~サイコーだぜ!

    『ベーシストのアブナイ夜~サイコーだぜ!
    LINE LIVE』配信決定

    詳細はこちら
  • 瀧田イサム『RISING MOON TOUR!!2016』

    瀧田イサム『RISING MOON TOUR!!2016』
    追加公演 開催決定!

    詳細はこちら
  • BASSマガジン

今年は3Days!
「PSYCHO DAZE BASSレーベル激突3~MASAKI VS IKUO~」開催!


PSYCHO DAZE BASSレーベル激突3
~前夜祭~

7/28(金) OPEN 18:30 / START 19:00
※17:30~先行チケット引き換え
★出演
MASAKI(Ba)、IKUO(Ba)、瀧田イサム(Ba)、そうる透(Dr)、都啓一(Kb)
★ゲストベーシスト
人時(黒夢/Creature Creature)
MASASHI(Versailles)
hibiki(Mardelas/ALHAMBRA)

★料金
前売¥5,300 / 当日¥5,800 (別途ドリンク代あり)

PSYCHO DAZE BASSレーベル激突3
~MASAKI VS IKUO~

7/29(土) ゲスト:瀧田イサム
・1部 OPEN 16:30 / START 17:00
・2部 OPEN 19:00 / START 19:30
※15:30~先行チケット引き換え
※各部90分ステージの予定
※各ゲストは両部参加
★出演
MASAKI(Ba)、IKUO(Ba)、そうる透(Dr)、PANTHER(Gt)、都啓一(Kb)
★料金(各部)
前売¥4,800 / 当日¥5,300 (別途ドリンク代あり)

PSYCHO DAZE BASSレーベル激突3
~MASAKI VS IKUO~

7/30(日) ゲスト:清
・1部 OPEN 16:30 / START 17:00
・2部 OPEN 19:00 / START 19:30
※15:30~先行チケット引き換え
※各部90分ステージの予定
※各ゲストは両部参加
★出演
MASAKI(Ba)、IKUO(Ba)、そうる透(Dr)、PANTHER(Gt)、都啓一(Kb)
★料金(各部)
前売¥4,800 / 当日¥5,300 (別途ドリンク代あり)

★全ての会場
初台 LIVE-BAR-The DOORS
東京都渋谷区本町1-2-1
03-5350-5800
http://1091m.com/

★チケット先行発売(各公演2枚まで)
※3日間5公演で最大10枚まで購入可能
チケットレス販売で入金確定後メールで整理番号を返信
ライブ当日返信メール確認でチケットと交換になります
※メール受信設定お願い致します
※複数購入の場合チケットは代表者の方に一括でお渡しします
当日遅れて来られる方への取り置きは出来ません


先行受付期間:2017/4/1(土)12:00~2017/4/15(土)12:00
下記メールにて受付↓
info@mackeystrike.com
・件名に「PDB2017予約」
・お名前
・希望公演・希望枚数→公演日&ご希望部ごとに何枚購入か明記下さい
・メールアドレス
・電話番号
※受付け後、チケット代入金先の案内を返信致します
→振込み手数料はお客様負担となります
※キャンセル返金、当日来れなかった方へのチケット送付は出来ませんのでご了承下さい
※各公演オープン1時間前からのチケット引き換えにご協力頂けますと入場がスムーズになります

★チケット一般発売
2016/5/27(土) 10:00~
e+購入ページURL

・7/30(日)公演
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002219246P0030001
・ドアーズ店頭

★入場
チケットレス先行→一般並列(e+&店頭)→当日

★問い合わせ
LIVE-BAR-The DOORS:03-5350-5800

『ベーシストのアブナイ夜 ~サイコーだぜ!ベース第2夜~』 配信決定!

出演者はベーシストのみという、斬新すぎる生放送が今年も帰ってきた!
「ベーシストのアブナイ夜 ~サイコーだぜ!LINE LIVE~第2夜(仮)」。最高にロックでテクニカルなベーシスト、MASAKI、IKUO、瀧田イサムの3名が出演し、ベーシストあるあるや演奏テクニック、ファッショントークに花を咲かせ、アブナイ無駄話(!?)を多目に織り交ぜつつ生放送しちゃいます❤ ここでしか見られないベーシストたちの魅力が満載!

スペシャルプレゼントがあるかも?
この場で新曲作るかも??

お楽しみに!

MC:ベースマガジン近藤編集長

放送は7月20日(木)21:00~
視聴は下記URLから
https://live.line.me/channels/73/upcoming/4015743

チェキプレゼント応募は下記URLから
締め切り:2017/08/21(月)23:59まで
http://psychodazebass.com/form.php

「PSYCHO DAZE BASSレーベル激突2~MASAKI VS IKUO~」

『RISING MOON TOUR!! 2016』東京ファイナル、2Days チケット発売のご案内です!

MASAKI、IKUO、瀧田イサムからライヴに向けて直筆メッセージが到着しました!

MASAKI、IKUO、瀧田イサムからライヴに向けて直筆メッセージ

ライブ情報

2016/6/22(水) ゲスト:瀧田イサム

2016/6/23(木) ゲスト:BOH

2016/6/22(水)
ゲスト:瀧田イサム

2016/6/23(木)
ゲスト:BOH

・1部 OPEN 17:30 / START 18:00
・2部 OPEN 20:00 / START 20:30
※各部90分ステージの予定
※各ゲストは両部参加

★会場
初台 LIVE-BAR-The DOORS
東京都渋谷区本町1-2-1
03-5350-5800
http://1091m.com/

★出演
MASAKI(Ba)、IKUO(Ba)、青山英樹(Dr)、PANTHER(Gt)、都啓一(Kb)

『瀧田イサム RISING MOON TOUR!! 2016』 追加公演

『RISING MOON TOUR‼︎ 2016』沢山のお声をいただき、4月2日(土)渋谷REXにて一夜限りの追加公演が決定しました。
3月20日(日)午前10時より、e+とローソンチケット共に発売開始となります☆

ライブ情報

4月2日(土)
会場:渋谷REX(東京 渋谷)
OPEN:17:30 / START:18:30
ADV:¥6,000 / DOOR:¥6,500(別途 1ドリンク)
出演者:瀧田イサム RISING MOON BAND / RUNGAINA
Guest Musician:e-ZUKA(GRANRODEO) / MASAKI(DAIDA LAIDA / CANTA) and more…

2016年2月27日(土)、28日(日)に開催された『RISING MOON TOUR!! 2016』東京ファイナルの様子

PSYCHO DAZE BASS レーベルを代表するベーシストMASAKIとIKUOが2日間に渡ってガチ激突!

PSYCHO DAZE BASS レーベルを代表するベーシストMASAKIとIKUOが2日間に渡ってガチ激突!

PSYCHO DAZE BASS レーベルを代表するベーシストMASAKIとIKUOが2日間に渡ってガチ激突!

PSYCHO DAZE BASS レーベルを代表するベーシストMASAKIとIKUOが2日間に渡ってガチ激突!

PSYCHO DAZE BASS レーベルを代表するベーシストMASAKIとIKUOが2日間に渡ってガチ激突!

PSYCHO DAZE BASS レーベルを代表するベーシストMASAKIとIKUOが2日間に渡ってガチ激突!

PSYCHO DAZE BASS レーベルを代表するベーシストMASAKIとIKUOが2日間に渡ってガチ激突!

PSYCHO DAZE BASS レーベルを代表するベーシストMASAKIとIKUOが2日間に渡ってガチ激突!

瀧田イサム「FAIRY TOUCH」フルMV配信スタート!

『RISING MOON TOUR!! 2016』東京ファイナル、2Days チケット発売のご案内です!

瀧田イサム「FAIRY TOUCH」フルMV配信スタート!
http://recochoku.jp/song/S1002582165/

ベーシストのアブナイ夜〜居残り編〜

ベーシストのアブナイ夜~居残り編~

ニコ生放送中に紹介できなかった皆様にいただいた多くの質問の中から いくつか居残り回答してもらいました!

ーーそれぞれ皆さんはベースに名前や愛称など付けますか??

MASAKI:バーナー→キャロライン洋子 / バーナー(ローB用)→シピン / ホワイト→西川ヘレン / シースルーイエロー木目→エドはるみ

IKUO:特に付けてないですね。

瀧田イサム:コンバット4本はそれぞれ1号~4号ですが、アコベのみ”ブロンソン”と名づけました。
余談ですが1号と2号は木材を彩り豊かにちりばめた「彩AYAシリーズ」という事でAYAちゃんという方もいらっしゃいます。

ーー曲の神が降りてきた時というのはメロディが降りてくるんですか?それともリフがポンっと降りてくるんですか?

MASAKI:私の場合、降りて来ることが少なく、ひねり出す感じです。出て来るのはメロディーもあれば、リフもあれば、使いたいベーステクニックから広げる時もあります!

IKUO:メロディーです!

瀧田イサム:両方ですかね。どちらもあります。神にお祈りしましょう!(笑)

ーー最初にぶつかった壁はなんでしょうか またどうやってその壁を乗り越えましたか 具体的にこの曲が弾けなかった!この音が出ない!とかエピソードがあったら教えて下さい

MASAKI:私、これまで全く壁にぶつかった覚えがなく、難しい曲やフレーズがあってもとことん練習してモノにして来ました。車にひかれそうになった時、「ひかれなくてラッキー!」と思うか、「ひかれそうで最悪~。」と取るか。私は完全にポジティブ派です!

IKUO:スリーフィンガーの音の粒が揃わなかった。とにかく練習しました。

瀧田イサム:ジャコの(バッハ作)”半音階的幻想曲”の前半に弦とびの3連符(4弦2弦1弦の繰り返し)が出てくるんだけど難しかった~!ひたすら練習!千本ノック~!

ーー「ベーシストあるある」がいろいろ言われていますが、みなさんが思う「ベーシストあるある」を教えてください。

MASAKI:「MASAKI、今でしょ」→音量がデカいMASAKIとセッションするプレイヤーの方がMASAKI対策でエフェクターを踏む瞬間
「サンダーデスIKUOドライバー」→その温厚で穏やかな人間性とは裏腹にとてつもない必殺技を出す瞬間のIKUO氏
「イサムーチョデラックス」→そのとてつもない重量感の瀧田イサム氏の6弦ベース

IKUO:ちょっとオタク気質かもです。弦高とかイコライザーとかとにかく細かい。

瀧田イサム:曲者、背が高い、H。

ーー半世紀以上生きていて、楽器未経験なのに、何を思ったか、初心者用ベース一式を買ってしまいました!ベテラン3人衆にお聞きするのは失礼ですが、一人で楽しめますか?やはり、バンドを組まないとつまらないですか?若者じゃないのに今から始めるのは、どう思われますか?

MASAKI:勿論初めの一歩は1人で楽しく練習を始めて貰いつつも、バンドで奏でるアンサンブルは至高の瞬間なのでいずれはバンド演奏して頂きたいですね。
バンド演奏を楽しむにはそれなり演奏スキルを上げねばなりません~。いくつからでも始められるのが楽器の良さです!

IKUO:一人でもCDに合わせて弾いたり楽しめると思います。でもバンドで演奏するのはもっと楽しいと思います。もちろん始める年齢は関係ないと思います!

瀧田イサム:もちろん一人でも楽しめますよ。でもバンドで演奏する楽しさは次元が違うよー!

ーー使っているベースや曲によって変わるとは思いますがそれぞれの音を色で例えると何色になりますか?

MASAKI:MASAKI→マッキー→マッキーの色→真っ黄色→イエロー。
今のシェクターMASAKIモデルはスペックが全て統一されているので、大きくキャラクターは変わりません~。

IKUO:分からないです。

瀧田イサム:1号=白、2号=茶色、3号=金色、4号=黒、、、そのまんまやんけ~!でもそうなのです!

ーーPSYCHO DAZE BASS レーベルからのソロアルバムへの各々の想い入れ、コンセプト、狙い、企みについてお聞かせください

MASAKI:ジャズ、フュージョンなんかではベースレーベルはありましたが、ロックベースにこだわったPSYCHO DAZE BASSレーベルって凄いと思いません?圧倒的なテクニックとその楽曲クオリティー。テクニカルなベーシストは増えてきましたが、楽曲とテクニックを結びつけてソングライティング出来る方は以外とまだ少なく感じます。アルバム12曲が多彩な楽曲で尚かつ誰もがうなるベースプレイの応酬・・・この作品作りが一番大変だったりするのですよ!

IKUO:自分の活動のスタンスが歌モノ、ラウド、フュージョン、ビジュアルetc というスタンスなので今までに共演したミュージシャンをできるだけゲストに呼んで今までの活動の集大成のような作品にしたかったです。

瀧田イサム:とにかくメロディ重視で作りました。メロディ楽器としての6弦BASSの可能性を高めたい。ベーシスト以外の方にも幅広く聴いて頂きたいです。

ーー最高だぜベース!と思う瞬間はどんな時ですか?

MASAKI:タッピングやってるベーシストを観た時。
→20年以上前なら「そんなことベースでやる必要が無い!」なんて言われるベース暗黒時代がありましたので・・・。

IKUO:ライブでもレコーディングでもバンドのグルーヴを支配して引っ張っている時。
そしてたまにベースらしからぬ派手なソロやパフォーマンスで目立った時(笑)

瀧田イサム:バンド・サウンドの要だなぁ~グルーヴの駆動力~!エンジンじゃんオレ~!イェ~イ!みたいに自惚れる時。

ーーみなさんは、各地方にライブに行くときに、ここではこれは必ず食べる!というような、お気に入りの食べ物はありますか?

MASAKI:札幌→ジンギスカン、ラムしゃぶ、海鮮 / 金沢→のどぐろ、ガスエビ / 博多→さがり、ラーメン

IKUO:北海道のジンギスカン / 名古屋の味噌カツ / 仙台の牛タン

瀧田イサム:博多のごまサバ、モツ鍋、ラーメン。名古屋の味噌煮込みうどん。札幌のジンギスカン、ラーメン。等々。。。

ーーお三方それぞれコレだけは誰にも負けない!という自信があるものを教えてください。

MASAKI:テクニカルスタイルなのに低いストラップの位置 / トーク力 / やかんプレイ / オリジナルのマイクスタンド

IKUO:テクニックとパフォーマンスのバランス感、、、かな。。

瀧田イサム:泣く事。。。あ、ベースでね!(笑)

ーー自分が一番輝いてるなあと思う瞬間は?

MASAKI:ギターを殺している時。

IKUO:ライブ

瀧田イサム:ヘドバンしてるとき~!

ーー今1番気に入ってるCDは何ですか?

MASAKI:最近のお気に入り曲 「Chandelier/シーア」 「愛してるのに、愛せない/AAA」 「デジタルモグラ/ゲスの極み乙女。」
「エクストラ・マジック・アワー/AKINO with bless4」

IKUO:BULL ZEICHEN 88 『WINK』

瀧田イサム:ニューシネマ・パラダイスのサントラ

ーー最近嬉しかった出来事があったら教えてください☆

MASAKI:自分の開発したベースが低価格で販売出来たこと!
→何十万もするアーティストモデルは当たり前ですが、学生や初心者でも手が届く価格帯で発売が出来たのです!

IKUO:雑誌Player に特集が載った事

瀧田イサム:もちろん自分のアルバム出せる事、ベーマガの表紙になる事、自分のツアーが出来る事。最高です!(^-^)v

ーーお休みの日は何をして過ごしてますか?

MASAKI:プロレスか映画観てます!

IKUO:家で映画みたり ベース弾いたり、買い物に行ったり、知り合いのライブいったり、知り合いのベーシストと飲みにいったり

瀧田イサム:温泉に行く。(←願望)

ーー皆さん、風邪など引いている暇もない程、お忙しい毎日を送られていると思いますが、体調管理などで一番気をつけている事などはありますか?
参考にさせて下さい!

MASAKI:体調管理も仕事と言われているこの世界。風邪はひく前に治す、予防接種は早めにうける、は心掛けております。
ただ、酒の飲み過ぎだけは・・・止められない!

IKUO:どこに行くのにもマスク着用。少しでも喉が痛くなったら葛根湯を飲む。忙しくて寝れない日が続いたらしっかりご飯を食べる。

瀧田イサム:手洗いうがいにウォーキング。元気があれば何でも出来る!ダーッ!

【スマホ壁紙ダウンロード】はこちら!

瀧田イサム、デビュー20周年にして待望の初ソロ・アルバムの詳細発表!!
GRANRODEOのKISHOW(Vo)、e-ZUKA(G)もゲスト参加!!

瀧田イサム、デビュー20周年にして待望の初ソロ・アルバムの詳細発表!!

MESSAGE

GRANRODEOのサポートでもお馴染の人気ロック・ベーシスト瀧田イサムが、PSYCHO DAZE BASSから、デビュー20周年にして待望の初ソロ・アルバム「RISING MOON」をリリースする事が決定し、10月24日、25日に幕張メッセで行われたGRANRODEOの10周年ライブ会場にて発表された。
GRANRODEOのヴォーカリストKISHOW、ギタリストe-ZUKAをはじめ、レーベル・メイトでもあるベーシストのMASAKI、IKUO、更には先に行われた“PSYCHO DAZE BASSオーディション”で最優秀賞を受賞し本作へのレコーディング参加権を獲得した、佐賀県在住で現在なんと中学校2年生の噂のスーパー・ルーキー吉中美夕ら、豪華ゲストミュージシャンも多数参加!!

ALBUM INFO

RISING MOON/瀧田イサム
2015.12.23 IN STORES
KICS-3330/¥3.000+tax/【KING/PSYCHO DAZE BASS】


01 RISING MOON
02 THE RING OF PRAYER
03 SPIRAL GALAXY
04 FAIRY TOUCH
05 CROSS THE LINE
06 SOMETHING NEW
07 GRAND CIRCLE
08 EXPLORER
09 CRYSTAL OF DREAMS
10 KEY STONE
11 THE NEXT STAGE featuring vocal:KISHOW(GRANRODEO)
12 MY DEAR....

Guest Musicians(※順不同、敬称略)
【Vocal】
KISHOW 【GRANRODEO】 (11)

【Guitar】
e-ZUKA 【GRANRODEO】 (5,9,11)
太田カツ 【Ark Storm】 (10)
足立“YOU”祐二 【DEAD END】 (6)
ISAO 【Spark7 / Cube-Ray / Trimurti】 (3)
YUICHI (1~11)

【Bass】
MASAKI 【CANTA / 地獄カルテット/ DAIDA LAIDA / LIV MOON】(7)
IKUO 【BULL ZEICHEN 88 / Rayflower / The Choppers Revolution / Cube-ray】 (7)
吉中美夕 (7)
コモブチキイチロウ (8)
岡田治郎 【PRISM】 (8)
うしろから前川 (8)
BOH (8)
hibiki 【Mardelas / LIGHT BRINGER / ALHAMBRA】 (8)
坂本尭之 【Fo'xTails】 (8)

【Keyboards】
都 啓一 【Rayflower】 (2,5,8,9,10,11)

【Drums】
長井“VAL”一郎 【Ark Storm】 (1,2,3,4,6,7,10,11)
市川義久 (5,8,9)


PSYCHO DAZE BASS レーベルを代表するベーシスト、
MASAKIとIKUOが2日間に渡ってガチ激突!

PSYCHO DAZE BASS レーベルを代表するベーシストMASAKIとIKUOが2日間に渡ってガチ激突!

 去る2015年7月8日(水)、9日(木)、初台ドアーズにて『PSYCHO DAZE BASS レーベル激突 ~MASAKI VS IKUO~』が開催された。 2日に渡って行なわれた本イベントは、文字通り、同レーベルでソロ作品をリリースしたMASAKIとIKUOがメイン・アクトとして行なうライヴ・イベントで、山崎慶(d)、KENTARO(g)、都啓一(k)を迎えたメンバーで進行。

PSYCHO DAZE BASS レーベルを代表するベーシストMASAKIとIKUOが2日間に渡ってガチ激突!  今回は2日間で1部/2部という日程となったが、各公演、ゲストを交えて大盛況となった。今回のライヴ、やはり、ふたりのベーシストによる共演が大きな見所となるが、「Nite Walker」(MASAKI曲)では、タッピングによるコード・バッキングとメイン・リードを交互に行なうなど、ツイン・ベースならではの棲み分けでアンサンブルを緻密に構築する。

PSYCHO DAZE BASS レーベルを代表するベーシストMASAKIとIKUOが2日間に渡ってガチ激突!  また、MASAKIとIKUOがそれぞれ分かれてプレイするコーナーも用意されており、MASAKIがステージを退場しIKUOがメインとなる場面では、同レーベルからリリースされたIKUOのソロ作『R.E.D. ZONE』からの楽曲、そしてMASAKIのコーナーでは、現レーベル名の由来となったアルバム『PSYCHO DAZE BASS』からの曲を演奏、凄まじいユニゾンの応酬や高速シャッフルの曲など、ソロ・アルバムに込められたテクニカルな要素を遺憾なく発揮する。

PSYCHO DAZE BASS レーベルを代表するベーシストMASAKIとIKUOが2日間に渡ってガチ激突!  さらにこのイベントの注目ポイントは、ゲストの出演である。先日、“PSYCHO DAZE BASS オーディション”と題してテクニカル・ロック・ベーシストたちを対象としたコンテストを行なっていたが、1日目の1部では、そのオーディションで優秀賞を獲得したhiro、2日目の1部では、SHUが登場、ソロ回しでは、ステージ上でMASAKIとIKUOに挟まれて圧迫されながらも(笑)、それぞれが持ち前の個性を発揮してふたりに対抗する。
PSYCHO DAZE BASS レーベルを代表するベーシストMASAKIとIKUOが2日間に渡ってガチ激突! さらに1日目の2部では、NoGoDの華凛(b)が、2日目の2部では瀧田イサム(b)が登場し、会場を沸かせた。 PSYCHO DAZE BASS レーベルを代表するベーシストMASAKIとIKUOが2日間に渡ってガチ激突! と、実はここに書ききれないほど、実に濃密なツイン・ベース・イベントとなったが、親指入りの3フィンガーや、親指横向きのスラップで攻めるIKUOに対して、正確無比な3フィンガーと性急ながらコード感を演出するタッピングで応えるMASAKIという、同じ『テクニカル・ロック・ベース』というなかでも、それぞれの個性が現れているのが印象的だった。今後、同レーベルから瀧田イサムのソロ・アルバムがリリースされることが発表されたが、今後もこの“PSYCHO DAZE BASS”の動きに注目してもらいたい。 PSYCHO DAZE BASS レーベルを代表するベーシストMASAKIとIKUOが2日間に渡ってガチ激突!

Copyright© 2015 PSYCHO DAZE BASS All Rights Reserved.